開発協力:FXナビ

from 杉田勝

あなたはこれまで、どのようなトレード手法を学んできましたか?

スキャルピング、スイングトレード、ブレイクアウト etc、色々試されてきたかもしれません。それぞれの手法に優劣はなく、相場に合わせて正しく使えば、結果を出すことはできます。

ただ、トレード手法を修得する難易度には差があります。 複雑な条件のトレード手法だと、その手法が使える相場かどうか判断するのが難しいので、間違ったところでエントリーしてしまいがちです。また、安定して同じところでエントリーできないので、成績にバラツキがでてしまいます。

じゃあ、「どんなトレード手法が良いの?」と聞かれると...



やっぱりトレンドフォローが最強

です。トレンドの大底から狙いたい!という気持ちは分かるのですが、少し遅れてでもトレンドの方向に乗っかってエントリーするのが一番安定して勝てます。生き残っているプロの投資家は、ほとんどがトレンドフォロワーです。

少し想像して欲しいのですが、トレンドに逆らうということは、10人中9人が「買いだ!」と言っているところで、「いや俺は売りだ!」と言って売りでエントリーするようなものです。なにかトレンドが変わる明確な材料がある場合はそれでも良いですが、そうでなければ辞めておいた方が良いです。

ただ1つ、トレンドフォローにも落とし穴があります。

いつかトレンドは終焉する...

「トレンドに乗ってエントリーした途端に反対方向にチャートが動く(泣)」

これはトレーダーのあるあるですね。”今” アップトレンドなのかダウントレンドなのかを判定するだけなら意外と簡単です。例えば、移動平均線の並びでトレンドを判断することだってできますし、ダウ理論を使って高値安値で判断してもOKです。

ですが、「トレンドが継続するのか?終わりそうなのか?」といった判断でいうとどうでしょうか?難しいですよね。この判定を明確なルールで答えれるトレーダーは少ないと思います。

でももし...「トレンドの継続と終焉」が分かるとしたらどうでしょう?

  • 「トレンド継続のサインが出たので、トレンドに乗ってエントリーしよう!」
  • 「トレンド継続のサインが出たので、ポジションを買い増ししよう!」
  • 「トレンド終焉のサインが出たので、利確しよう!」
  • 「トレンド終焉のサインが出たので、エントリーの準備をしよう!」

と、エントリーと決済の悩みが全て解消されます。

では、どうやって「トレンドの継続と終焉」を判断したら良いのかというと、僕が一番オススメする方法はコレです。

トレンドの継続が分かる

「ヒドゥン・ダイバージェンス」

「ヒドゥン・ダイバージェンス」の説明をする前に、「ダイバージェンス」の説明をします。

「ダイバージェンス」というのは「逆行現象」という意味で、価格とオシレータ(僕はもっぱらRSIをつかいます)がお互いにばらばらに動いていることを言います。ばらばらという意味は、たとえば価格が高値を更新しているのに、RSIは高値を更新できていないとか、価格は安値を更新していないのにRSIは安値更新という場合です。つまりお互いに逆行しているんですね。

図「ダイバージェンス」

「ダイバージェンス」は「そろそろ反転するかもしれない!」というサインによく使われます。ですが、どこでも使えるかというとそうではありません。例えば、上昇している場合は、”RSI70以上” でダイバージェンスが発生している場合だけ効きやすかったりします。正直、これだけだと使いにくいです。

そこで、僕が注目しているのが「ヒドゥン・ダイバージェンス」です。”ヒドゥン”というのは「隠された」という意味ですから、「隠された逆行現象」ということになります。なぜ隠されているかというと、そうとう慣れないと見つけにくいからです。

ダイバージェンスの時と違って、こんどはトレンドが上昇している場合はチャートの下側を見ます。赤い実線はそのヒドゥン・ダイバージェンスが出現しているところを表しています。

図「ヒドゥン・ダイバージェンス」

この「ヒドゥン・ダイバージェンス」は、トレンドの継続を判定するのにとても有効です。なので、「ヒドゥン・ダイバージェンス」の確認ができると、「直近の高値を越えたらエントリー」というトレードができるのです。

さらに、「ヒドゥン・ダイバージェンス」を応用することで、トレンドの終焉を判定することができます。それが...

トレンドの終焉が分かる

「フェイリャー」

「ヒドゥン・ダイバージェンス」が継続のサインだということはご紹介しましたが、時々継続しないことが起こります。たとえば上昇トレンドの場合、「ヒドゥン・ダイバージェンス」が出たのに高値を更新しない場合があるんです。

そういう状態をフェイリャー(failure)というのですが、なぜフェイリャーが起こるかというと、それはマーケットが反転したいからなのです。以下の図を見て欲しいのですが、ヒドゥンが起こっているのに高値を更新していませんね?これがフェイリャーです。

図「フェイリャー」

フェイリャーは、トレンド終焉の兆候です。なのでこれを利用すると、フェイリャーが確認できたら、トレンドが終わったと判断して、トレンドと反対方法にエントリーすることができます。

例えば、以下の図を見てください。上昇の中でヒドゥンが確認できた後に、フェイリャーが発生したので、前回の安値で売りというトレードができます。これは高級技&最有力な方法です。

図「フェイリャーを使ったトレード」

「ヒドゥン・ダイバージェンス」を
簡単に見るけることはできないか?

さて、ここまで「ヒドゥン・ダイバージェンス」を使ったトレード手法を説明してきましたが、これはテクニカル分析の定石なので新しい発見ではありません。FXの勉強している方にとっては常識です。

ですが、実際のトレードに活かしている方は少ないのではないでしょうか?なぜかと言うと、ヒドゥンがどこで発生しているのか凄くわかり難いからです。そのため、ヒドゥンを使ったトレードに挑戦して挫折した方は多いと思います。

なので僕は、何年も前から「ヒドゥン・ダイバージェンス」を見つけてくれるインジケーターを開発しようとチャレンジしてきました。ですが、何回も失敗してきたのです。ダイバージェンスの肝である山谷の定義が難しく、満足のいく物はできませんでした。

しかし!FXナビさんに相談したところ、独自プログラムを使えば実現できそうとのことで、共同開発プロジェクトがスタートしました!

検証を重ね完成したインジケーターは、僕がヒドゥン・ダイバージェンスのラインを引く場合と、ほぼ一致したところにラインが自動で引けます。今回、ご紹介するインジケーターがコレです!


これは、チャート上のどこに「ダイバージェンス」や「ヒドゥン・ダイバージェンス」が発生しているのか確認し、自動でラインを引いてくれるインジケーターです。今回、このインジケーターにトレード方法のマニュアルをセットでご提供します。

百聞は一見にしかず。このインジケーターとセットでご提供する解説動画をご覧ください。どのようなインジケーターなのか、お分かりになると思います。



簡単なルールで検証してみたら
安定した成績でした!

このインジケーターを使ってトレードの検証をしてみました。ルールは、「ヒドゥン・ダイバージェンス」でトレンドの継続が確認できたら順張りでエントリーする、というシンプルなルールです。(細かいルールは、インジケーターにセットで付けるマニュアルに記載しています。)

【条件】
期間

2019年2月6日~2019年7月19日

通貨ペア

AUDUSD

時間軸

1時間足

【結果】
トレード回数

93回

トータル収益

718.8pips

勝ちトレード

56回

平均勝ちpips

17.4pips

負けトレード

36回

平均負けpips

7.8pips

PF(プロフィットファクター)

3.6

最大連続負け

6回

いかがでしょうか?1通貨だけの検証で1ヶ月の平均が約+120pipsなので、悪くはないでしょうか。今回は、AUDUSDで検証しましたが、それ以外の通貨ペアでも使えます。トレンドフォローの中で使うルールなので、トレンドがしっかりしている通貨ペアであればOKです。

また、1時間足で検証しましたが、他の時間軸でもOKです。理論的には1分足でも使えます。ただ、短い足でトレードする場合は、上位足のトレンドに沿った方向でエントリーするなど工夫は必要です。

商品説明


では、今回ご案内する「RSIダイバージェンス」の商品内容を整理します。

1.「RSIダイバージェンス」インジケーター本体(MT4専用/使用無期限)
2.「RSIダイバージェンス」セットアップ方法(テキスト/動画)
3.「RSIダイバージェンス」トレード手法マニュアル(PDF)
4.「RSIダイバージェンス」トレード手法解説(動画)

もし、使い方で分からない場合がありましたら、私やカスタマーサポートまで質問してきてください。質問には1つ1つ回答しますし、必要に応じて動画でも解説します。

Win-invest Japan株式会社 カスタマーサポート
winsupport@win-invest.co.jp(24時間受付)

「RSIダイバージェンス」の
価格は?

トレンドの継続と終焉を知らせてくれる「RSIダイバージェンス」。正確に「ダイバージェンス」と「ヒドゥン・ダイバージェンス」の発生タイミングでラインが引かれるこのインジケーターは、画期的なツールだと思っています。

FXナビさんの独自プログラムで実現したツールということもあり、時間をかけて販売価格を検討しまして、、、定価3万円(税抜)で販売しようと思います。もし、ここまで読んで気になっているのであれば、このツールを手に入れておいてくださいね。

僕には珍しく断言します
このインジケーターオススメです!

長年、FXをやってきましたが、このインジケーターは画期的なツールです。プロのトレーダーも凄いと思ってくれるレベルです。なぜなら、ダイバージェンスを判定するプログラムを作るのが本当に難しいからです。

そして、「ヒドゥン・ダイバージェンス」の場所さえ分かれば、それを使ったトレードはシンプルなので、初心者の方でも直ぐに実践で使えます。インジケーターにより自動でラインが引かれるので、順張りでエントリーしたらOKです。1時間足にセットすれば、1時間に1回のチェックだけで、一目でトレードできる環境かそうでないか分かります。

「ヒドゥン・ダイバージェンス」を使った手法は、裏技的な手法でなく正攻法なので、ずっと使い続けることができるでしょう。僕も、実際に使っています。このツールで皆さんのトレード力が向上できることをお約束します。



開発者紹介

杉田 勝(すぎた まさる)

長くロンドンに在住していた元ヘッジファンドマネージャー(現ウィンインベストジャパン会長)。 大手石油会社入社後、中東駐在を経て35歳でシンガポール支店長に就任、原油の買い付け業務・原油相場の予測業務を担当。

39歳でロンドン支店長に抜擢され、先物での会社の資金運用を一手に任される。その後、イギリスでデリバティブファンドマネージャー、アメリカでCTA(コモディティートレーディングアドバイザー)を取得後独立し、ファンド運用会社を設立。40代後半までロンドンとニューヨークで活躍する。

テクニカル分析の専門家で、相場の方向が予測できる独自のタイムサイクル分析「杉田サイクル」を考案。著書に、FX先生(扶桑社)、FXで本当に儲けているトレーダーの解体新書(青月社)、DVDエリオット波動理論(パンローリング株式会社)等がある。

【主な書籍】